基礎知識

相場へのトレンドラインの引き方

今回は会員の方から質問の多かった「トレンドラインの引き方」について解説していきます。

ラインを引くメリット

まずは「なぜ相場にラインを引くのか」について理解を深めていきましょう。

まずラインを引くメリットは、「相場の動向を予測できる」という点にあります。

相場を動かしているのは世界の投資家です。

投資家が売買をするに当たって、どの価格を意識して取引を行っているかを、ラインを引くことで判断することができます。

つまりラインを引くことで、世界の投資家が発注・決済をするタイミングを予測し、あらかじめトレード戦略を立てることができるというメリットがあります。

ラインを引くポイント

ではどの価格にラインを引けばいいのか、について解説していきます。

ラインを引くポイントは大きく分けて2つあります。

  • 上昇トレンドでは安値に引く
  • 下降トレンドでは高値に引く

ではそれぞれどのようなポイントなのか、またラインを引いた後にどのように分析していくのか、について実際のチャートを見ながら解説していきます。

上昇トレンドでは安値に引く

相場に上昇トレンドが発生している場合は、トレンドラインをローソク足の安値と安値を結ぶように引きます。

上のチャートのように、トレンド発生した時点の安値と、次に切り上げた安値を結ぶようにトレンドラインを引きます。

このラインの傾きが急であるほど、トレンドが強く、緩やかであるほどトレンドが弱いと判断できます。

トレンドラインでローソク足が反発しているポイントは押し目になり、上昇トレンドは継続します。

ラインをブレイクした場合(トレンドラインでローソク足が反発せずに突き抜けた場合)は、下降トレンドへと転換するサインになります。

下降トレンドでは高値に引く

相場に下降トレンドが発生している場合は、トレンドラインをローソク足の高値と高値を結ぶように引きます。

上のチャートのように、トレンド発生した時点の高値と、次に切り下げた高値を結ぶようにトレンドラインを引きます。

こちらも同様に、トレンドラインの傾きでトレンドの強さを判断できます。

トレンドラインでローソク足が反発しているポイントは戻り目になり、下降トレンドは継続します。

ラインをブレイクした場合は、上昇トレンドへと転換するサインになります。

トレンドラインを引く際に役立つインジケーターとして、「ZigZag」というインジケーターがあげられますので、下記の記事も読んでみてください。

SP-Logicと相性のいいインジケーター④:ZigZag今回はSP-Logicと相性のいいインジケーター、ZigZagについて紹介します。 ぜひ今回の記事を読んで、ZigZagを使ってみ...