負け画像解説

SP-Logic負け画像解説73

こちらは参加者さんの負け画像の振り返りになります。

解説記事の使い方
  • どのようなポイントかMT4を遡って見つけてみる
  • 同じポイントでエントリーしないようにする
  • 自分の解説で同じことを言われている場合はめちゃくちゃ気を付ける

負け画像振り返り

*画像

それでは解説していきます。

一定の価格帯を往来している

一つ目の不安要素として、一定の価格帯を往来しているという事があげられます。

エントリー手前でつけた高値に水平ラインを引くと、左の高値でも反発している事が確認できます。

この事から、一定の価格帯を往来しているレンジ相場であると判断できます。

20MAで揉み合っている

2つ目の不安要素として、ローソク足が20MAで揉み合っているという事があげられます。

エントリー手前のローソク足をみると、20MAに沿うような形で揉み合っている事が確認できます。

この事から、相場に迷いが生じていると判断できます。

相場に迷いが生じているレンジ相場でのエントリーは、SP-Logicとの相性が悪いので、エントリーを見送るポイントでした。

エントリー付近の相場だけでなく、相場全体を見て、トレンド相場なのかレンジ相場なのかを確実に判断できるようにしましょう。